Le beau printemps *~almeria~*lot of hobbies

*Lifework*いろいろハンドメイド、happy旅日記
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月

マイヨールでたらこスパゲティ♪

今日のランチ

マイヨールのスパゲティを友達とシェアしました

DSC_123.jpg

たらこと塩辛 1200円

DSC_122.jpg

たらことイカ 1150円



私が塩辛、友達がイカです。塩辛は病みつきになりそうな美味しさ
友達もマイヨールに大満足、喜んでくれて良かった。

スポンサーサイト

軍艦島から戻り長崎オランダ坂・中華街へ-⑤END

軍艦島から16時半に戻り、その足でオランダ坂、中華街へと向かいました。

IMG_0277.jpg

この坂を上っていきます。

IMG_0281.jpg

藤の花です。

IMG_0lg4.jpg

今日は低湿度の晴天で気持ちが良いです。

IMG_0285.jpg

旧外国人居留地。瀟洒な洋館が建ち並んでいます

IMG_0286.jpg

【東山手甲十三番館】中は資料館とカフェです。

IMG_0287.jpg

洋館の窓から、テラスを眺める。

IMG_0289.jpg

芝生のような緑の柔らかいコケがへばりついた太い幹が気に入って、写真を撮りました。


東山手十二番館は、明治時代初期に建てられた木造の洋館
1998年に国の重要文化財に指定されました。

IMG_0292.jpg

1941年(昭和16年)活水女子学院に譲渡されましたが、

東山手13

1976年(昭和51年)長崎市へ寄贈されました。

活水

活水女子学院

オランダ坂を下り、中華街へ向かって歩きます。

旧長崎英国領事館は国の重要文化財。

IMG_02sds.jpg

在上海英国政府建築課技師ウィリアム・コーワンの設計により1907年(明治40年)に
竣工した西洋館です。

長崎中華街1

中華街の入口、夜はネオンで綺麗なのでしょうね

長崎中華街2

中華街を通り、出口のそばにあった中華料理店

長崎中華街4

出ると新地橋という橋があり広場があります。

長崎中華街3

ちょうど、出島の裏側に位置しており方向がわかりやすく長崎駅まで迷わず行けます。

citymap長崎2

17:35 長崎駅から空港連絡バス(900円) 交通会館県営 BT4番のりばから乗車

約1時間位で長崎空港へ到着。
長崎空港内のお店で食べたうどんは、これ。

IMG_0300.jpg

『五島うどん/地獄炊き』
初めて食べた旅人が「しごくおいしい」と誉め、しごくを地獄と聞き間違えた地元の人が、
このうどんに地獄炊きと名付けたそうです。

食べ方


20:25(JAL)長崎空港⇒20:02羽田空港到着

長崎旅行~Fin~




長崎世界遺産『端島・通称(軍艦島)』上陸-④

波はありましたが、ドルフィン桟橋(船接岸場所)へ橋をかけることが
できました。 上陸!

IMG_0245_20170505002332f6e.jpg

上陸できずに、引き帰してしていたら具合が悪くなっていたかも・・

IMG_0244_20170505002331576.jpg

第一見学広場から見える従業員住宅

IMG_0258_20170505002609ad0.jpg

しばしば高波が押し寄せる端島の天辺に建てられたアパートは階級の高い人達の
住居となっており、間取りも広いそうです。

IMG_0259.jpg

鉄筋コンクリート造り。

IMG_0246.jpg

見学ルートは島の左側の半分だけで、島の右端にはテニスコートもあったようです。

IMG_0249_20170505002607c2d.jpg

第二見学広場/総合事務所・共同浴場などがあった所。

IMG_0255_201705050039450ea.jpg

廃墟をバックに記念写真を撮って頂きましたが、その写真は載せない事にしました。

IMG_0251_20170505002608dc0.jpg

第三見学広場(プール側)から見える7階建ての30号棟アパートは日本最古の鉄筋
コンクリート造の高層アパート ※大正15年(1619年)鉱員社宅。

IMG_0252_20170505003941d4b.jpg

地下には売店、内庭には吹き抜け廊下と階段。
間取りは6畳間にキッチン、トイレ付き。お風呂は共同風呂。

IMG_0254_20170505003943b70.jpg

第三見学広場から戻るところ、ここが見学通路です。

IMG_0256_20170505003946723.jpg
IMG_0257_20170505003947209.jpg

どんどん崩れていきそうです。世界遺産になったので修復されるのでしょうか。

IMG_0261.jpg

離陸します。見学時間は約1時間半くらい。

IMG_0269.jpg

伊王島のカトリック馬込教会。
もう一つ神ノ島教会と高さ4.6mの大きなマリア像も見えましたが
写真に収められませんでした。

IMG_0272_20170505005241ce5.jpg

三菱重工業長崎造船所


巨大ドックについている三菱の『菱型マーク』 
9_201705092124502c3.jpg
白い長方形の大きさは、なんとテニスコート一面だそうです

IMG_0271.jpg

豪華客船「アイーダ・ペルラ」 “最後の出航” 事業撤退

2017/5/3午後6時半ごろ、初クルース出発地スペインへ向けて
造船所を離れたと、ニュースで知りました。
出航直前のアイーダ・ペルラを見れたこと、よい思い出になりました。


帰りの船の中では、
IMG_02hi.jpg
アイスがサンドされているカステラサンド(300円)船の中で購入。

じゃんけん大会が開かれたり、ツアーガイドさんのハイレベルな解説を聞きながら、
常盤港まであっという間でした。
帰りの方が、波が穏やかで全く船酔いすることなく戻れました。


長崎出島、水辺の森、世界文化遺産・軍艦島へ③

長崎駅から軍艦島ツアー集合場所まで徒歩で20分。
歩けない距離ではないです。

地図はこちら⇒長崎駅周辺地図

電停『出島』 ※ポルトガル人のための居留地

1634年江戸幕府の鎖国政策の一環として
人工的に作った貿易用の島で、当時の建物が再現されています。

IMG_0217.jpg

出島の次の電停は『市民病院前』 水辺の森という公園があります。

IMG_0219.jpg

長崎県美術館 ↑↑ 長崎港からの運河に沿って歩いて行くと常盤ターミナルにぶつかります。

コンチェルジュさんのサイト地図
軍艦島へは『軍艦島コンチェルジュ』さんのツアーで行きました。


IMG_0222.jpg

この雪のような素敵な花木はモクセイ科のヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)です。

IMG_0223.jpg

橋の傍にワイナリーレストラン『オープナーズ』 があります。とても素敵です。

IMG_0225.jpg

水辺の森公園を抜けると常盤ターミナルです。乗船前に、
すぐ横のガストか、向い側のコンビニで腹ごしらえしておくことをお勧めします。

IMG_0228.jpg

空席ありとなっていますが、予めネットで予約を入れた方が確実です。
予約を入れてあっても当日受付で並びます。席を選びたい場合は早めに並んだ方がよいです。

IMG_0lk6.jpg

この港にはこの様な豪華客船が一年中、ほぼ毎日(350日位)泊まるそうです。

IMG_0230.jpg

船酔いが心配だったので、横揺れしないコンチェルジュのツアーにしましたが、

IMG_0232.jpg

外海に出たら、めちゃ揺れ(^^ゞ 午前中は1.5mの高波で上陸できなかったそうで・・

IMG_0236.jpg

果たして上陸できるでしょうか。途中、伊王島ターミナルに寄りまして、端島(軍艦島)へ

IMG_0238.jpg

150人くらい乗れて横揺れ防止装置のついた船ですが、縦には揺れます。大揺れ💦

IMG_0240.jpg

揺れますがシートベルト装着しなくてもOK。転ばないよう自己責任でデッキへ出て撮影OK。

IMG_0241.jpg

端島は、南北に約480m、東西に約160m周囲約1.200m、面積63.000㎡
海底炭鉱島に、なんと5、300人の人々が住んでいたのです。

IMG_0243.jpg

上陸率、90%を誇る軍艦島コンチェルジュさん、さすが上陸成功!!

軍艦島コンチェルジュ2

高島という島は、三菱石炭鉱業(株)の主力炭鉱でした。

1810年、端島で炭鉱を発見。
1869年六海照射が炭坑開発に着手。
1890円三菱の経営となる。
   ・
   ・
1916年(大正5年)  日本初の鉄筋コンクリート高層アパートが完成。
1941年(昭和16年) 年間出炭催行記録41万1.100トンを達成。
1945年(昭和20年) せきたん積入中の白寿丸が魚雷を受けて沈没。

1955年(昭和30年) 高浜村端島と高島町が合併し、高島端島となる。
1974年(昭和49年) 1/15日、端島が閉山。同年4/20より無人島になる。

端島には学校、病院、商店、映画館などの娯楽施設もありましたが、
木々を育てる場所がなく、アパートの屋上に菜園を作り花屋や野菜を
育てました。

端島の石炭は良質で高島炭坑とともに、江戸時代後期~明治、
昭和と、国の近代化を支えてきました。
しかし、主要エネルギーが石炭から石油と移行したことにより、
昭和49年に閉山。人々は様々な思いを胸に島を去りました。

世界文化遺産に登録され、再び端島のもとへ人々が多く訪れる
ようになりましたが、当時、ここに住んでいた人たちの気持ちは
二分されているようです。
もう二度と見たくない、行きたくないという方もいれば、
もう一度、あの頃の思い出を辿りたいと、やってくる方もいるようです。

私は、終わったことを振り返るのが好きではないタイプです。
いい思い出も、辛い思い出も、どちらを思い出しても、
懐かしくて楽しくなるのではなく、終わってしまった寂しいさに襲われ
つらくなるからです。

今現在と先を見て、前だけを見ていたいです。






長崎ちゃんぽんと稲佐山の夜景②

2日目
長崎市内観光と稲佐山の夜景観賞


日航ホテルを11時チェックアウト。

IMG_0146.jpg

昨日とは打って変わって、清々しく気持ちの良い天気。

IMG_0145.jpg

中庭からハウステンボスのタワーが見えます。

IMG_0147.jpg

雲一つない真っ青な空に、グリーンガーデン。

IMG_0141.jpg

ホテルの室内から撮った『変なホテル』と、山の中腹にあるのは民間マンション?

IMG_0151.jpg

駅に向かう途中ハウステンボスの入口付近にある『岩崎本舗』に寄りました。

IMG_0152.jpg

角煮まんじゅうではなく、私は『エビカツまんじゅう』を購入(600円内税)

IMG_0153.jpg

激うま!! 一番のお勧めはこれですね☆

IMG_0156.jpg

橋から撮ったハウステンボス駅。バックの山は紅葉の時、綺麗でしょうね。

IMG_0157.jpg

来た日は曇りで、綺麗に見えなかった景色が、今日は素晴らしく見えます。

IMG_0158.jpg

JR快速シーサイドライナー(約1時間15分/片道1470円)で長崎駅へ

IMG_0159.jpg

駅のホームから撮影。 マンションからハウステンボスが見えるのでしょうか?

IMG_0161.jpg

かなりのスピードで走ります。トンネル内では気圧の変化に追いつかず少し耳が痛かった

IMG_0164.jpg

ここは長崎駅です。稲佐山の立派な電波塔が見えます。

IMG_0162.jpg

ホーム、改札口前の龍。 説明は下記↓↓

IMG_0163.jpg
画像クリックして拡大して下さい

IMG_0166.jpg

長崎駅から路面電車に乗って思案橋へ。

IMG_0167.jpg
IMG_0168.jpg

福山雅治の行きつけのラーメン屋さんがあるという事で、やって来ました。

IMG_0169.jpg

店内は芸能人のサイン色紙がたくさん。でも福山雅治のが殆どです。

IMG_0170.jpg

こちらがメニューですが、安いと思います。

IMG_0171.jpg

こってりと言うよりあっさり系だと私は思います。美味しかった(*^-^*)

IMG_0172.jpg

上は、ばくだんちゃんぽん。下は皿うどんですが、これ・・かた焼きそばじゃないですか??

IMG_0173.jpg

今日の宿泊ホテルは稲佐山中腹にあるホテル。
アマンディの無料送迎バスが一時間に2往復しています。※ホテルまで長崎駅からバスで7分位

IMG_01gh.jpg

60㎡のバリ風客室。 館内に大浴場と露天風呂がありますが、室内バスも温泉です

IMG_0180.jpg

15時半頃、チェックインして↑↑すぐ撮った写真。

IMG_0183.jpg

19時20分頃、撮った写真↑↑稲佐山展望台までタクシーで行きました。

IMG_0185.jpg

稲佐の展望台から撮った写真↑↑ (G9X夜景モード)

IMG_0194.jpg

アマンディからタクシーで10分位ですが入場ゲートで10分位待った為、

IMG_0197.jpg

展望台へ到着したのは20時少し前でした。

IMG_0205.jpg

電波塔のライトアップは時期によって色が違います。
3月から5月は緑。一時間に2回演出されるそうですが、見逃してしまいました。
※夏(6月~8月は水色)秋(9月~11月はオレンジ)冬(12月~2月は赤)
                                       山頂展望台
IMG_0208.jpg

ここは、展望台の入口です。


帰りはロープウェイ駅で途中まで下山、神社を横目に更に下り、公道に出てバス停へ。
長崎駅までバスで行き、長崎駅からアマンディの送迎バスに乗ってホテルへ戻りました。

IMG_0211.jpg

ロープウェイの入口。 20時半頃から21時が夜景観賞ピークらしいです

IMG_0210.jpg
IMG_0209.jpg

ロープウェイ入口前に綺麗なツツジが!ハウステンボスでは三分咲きでした・・。

IMG_0212.jpg

神社を左に見ながら少し下り公道に出て、道路を渡って斜向かいのバス停へ
※40番に乗車。

ホテルに戻ったのが21:20。
レストラン『ロータス』のラストとオーダー(21:30)に間に合いました。

IMG_01lp.jpg

トルコライスには、カツがのっていて、
大人のタコスライスは和牛ステーキがのっています。ステーキは柔らかくとても美味しかった

IMG_0216.jpg

こちらが、アマンディの温泉分析表。肌がすべすべになり気持ちが良かったです。
露天風呂と大浴場は、夜は0時迄、朝は6時からです。