FC2ブログ

Le beau printemps *~almeria~*lot of hobbies

*Lifework*いろいろハンドメイド、happy旅日記
2016年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年07月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年06月
ARCHIVE ≫ 2016年06月
      

≪ 前月 |  2016年06月  | 翌月 ≫

~北海道・函館旅行~その⑤/食べたもの

お値段アップしても泊まるホテルは綺麗なところがいいよね、
という意見が一致し『渚亭』を選びました。

『食べもの美味しい北海道・函館』が、ホテルバイキングで十分満足できました^^

DSCN3727a.jpg

私が何度も通ったローストビーフと新鮮なお刺身

DSCN3851.jpg

アラカルトでオードブルをチョイス。全部美味しい。

DSCN3853.jpg

ひこま豚のローストなんかも、あり私はお肉好きじゃないんですが、
サッパリしたお味でなかなかでした。

DSCN3855.jpg

好きなお刺身をチョイスしてお茶漬け

DSCN3856.jpg

函館と言えば塩ラーメン

DSCN3857.jpg

カレーを食べるとその家庭の味が分かると言いますが、甘口に近い中辛、美味しかった




空港内ロビーの売店で買った『イカめんちバーガー』を温めてもらい食べました

DSCN3921.jpg
DSCN3920.jpg


ここで買ったお土産

DSCN3922.jpg
ピーセンの形をした『カリカリまだある?』というおせんべいがすごく美味しかったです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★


渚亭の大浴場の入口撮りました。
DSCN3726a.jpg
中は撮れませんでしたがとっても広くて綺麗な大浴場です。

朝、露天風呂から津軽海峡を眺め、その先の津軽半島と下北半島も見れました。


北海道・函館の観光&湯の川温泉旅行 終り。
スポンサーサイト



~北海道・函館旅行~その④/3日目の続き

3日最終観光地は、トラピスチヌ修道院です。
函館駅のロッカーに預けてあった荷物を取りに行き、
14時、駅前バスターミナル4番のりばからシャトルバスで修道院へ向かいました。
函館駅〜トラピスチヌ前 ※所要時間は約35分位、300円です。

DSCN3893.jpg

聖堂は昭和2年に再建されたそうです。

DSCN3894.jpg

修道院は現在も修道女さん達の生活の場ですので内覧はできません。

DSCN3896.jpg

聖堂を囲む庭園を散策することはできます晴天み恵まれ、緑が一段と美しく見えました☆

DSCN3897.jpg

上へ上へと上って、そこからは函館山が見えました。

DSCN3899.jpg

ここから降りて、観光バスの駐車場付近に売店があり、休憩。

DSCN3906.jpg

休憩所の前で。   おいしい牛乳パン、空港でも売ってましたよ^^

DSCN3907.jpg

私の後ろに見える広場に大きな藤棚やさつきが見えます

DSCN3900.jpg
DSCN3902.jpg
DSCN3901.jpg

休憩所の向い、道路隔てた向う側に、あじさい園があるというので散策してみました。

DSCN3905.jpg
 
DSCN3909.jpg
 
DSCN3914.jpg
 
DSCN3918.jpg
 
DSCN3919.jpg

修道院を最後に函館空港へ
函館駅行きの最終は15時頃でしたので、無線タクシーを呼びました。

DSCN3925.jpg

函館空港  ☆殆どのお土産は揃っています。ここで一気に買っても良いと思います☆

DSC_0610.jpg

空港内の飛行機が見えるレストラン。 みんなでシェアしたポルックスのカレーラーメン

函館は、どこで何を食べても美味しいんだ と思いました。


最後 『その⑤』は、自分自身の為に
         食べたもののオイシイ記録編です。



~北海道・函館旅行~その③/3日目

3日目の津軽海峡です
DSCN3858.jpg
函館駅の花壇で(2日目)
HAL01.jpg
函館駅前のモニュメント(3日目)
hakodate.jpg
函館駅2階のラーメンあじさい(3日目)
DSCN3859.jpg
ローッカーへ荷物を入れに行った時は空いてましたが、午後はずらりとならんでました。


荷物を預けて、旧函館区会堂を目指してスタート。
フライトは最終便だったので、空港に近い、トラピスチヌ修道院を最後に回り、そこから
無線タクシーを呼んで空港へ向かいました。

修道院から空港行きのバスの最終は15時だいに一本しかなかったような・・
それを過ぎたら、空港まで徒歩か、タクシーを使うしかありませんが、結構近いです^^


3日目に観光した場所は、
ハリスト正教会、旧函館区会堂、相馬株式会社創立者相馬氏本家、
トラピスチヌ修道院です。修道院を最後に函館空港へ向かいました。


十字街で下車。
『北海道へ行こうと思ったが止めた、坂本龍馬の記念像』がありました。
つまり坂本龍馬はここへは来ていない。
DSCN3862.jpg
もちろん記念館もあり。

DSCN3864.jpg

十字街から徒歩で教会をめぐって上る坂道。

DSCN3863.jpg

二十間坂/五島軒が見えます。本店は改装中でお食事は別館になります。

DSCN3923.jpg

美味しかった順⇒函館挽肉カレーが一番、二番は究極カレー、海の幸は三番でした。

カールレイモン1
ドイツ伝統西方のソーセージ      ドイツ人マイスター、カール・レイモンの銅像前


函館はベイハーバもそうでしたが、ここ元町も横浜に似てますね、
DSCN3871.jpg

函館ハリストス正教会
江戸末期、ロシア正教が伝導された。
DSCN3876.jpg
HAL00738.jpg

お天気がいいと、無性にシャッターを切りたくなりますねーっ(≧▽≦)

DSCN3877.jpg

八幡坂、二回目!

DSCN3879.jpg

上って右へ曲がる!

DSCN3880.jpg

旧函館区会堂が見えました

DSCN3881.jpg

大広間↓↓ カーテンから見える光に向かって、、ベランダへ

DSCN3886.jpg

白いベランダ、西洋風。コロニアルスタイルの館からの眺望

DSCN3888.jpg

区会堂敷地内、素晴らしい庭園の先に海がが見えます。

DSCN3882.jpg

見学を終えて、坂道を下る途中に相馬株式創立者、旧相馬邸を見つけました。
相馬氏は、旧函館区公会堂をはじめ、町の整備に私財を投じてきた方です。
DSCN3889.jpg

盆栽(かえで)が素晴らしくて思わずシャッター切られて貰いました。

DSCN3890.jpg

キイロイ花 ひらひらと柔らかく大きな花びらのボタン

kiiroihana.jpg

ピンクのヒノデサツキとヒルガオ

DSCN3892.jpg

ここから、トラピスチヌ修道院へ向かいます。 その④へ続く。




~北海道・函館旅行~その②

その①に続き2日に観光した場所は

赤レンガ倉庫、ウォーターフロント周辺、日本最古のコンクリート電柱
北海道第一歩の地碑、函館朝市、函館駅、青函連絡船記念館摩周丸、
ふれあいイカ広場


DSCN3834.jpg
八幡坂、末広町寄りから赤レンガ倉庫へ入りました。
DSCN3818.jpg
赤レンガをバックに、モデル風に・・
HAL00665.jpg
DSCN3831.jpg
DSCN3832.jpg
彼女は、おしゃま。
HAL00675.jpg


ベイエリアの絶景スポットは『七財橋』です。

DSCN3824.jpg
逆光設定で撮ってみました
DSCN3826.jpg
七財橋
HAL00670.jpg

朝市寄りの赤レンガ倉庫入口
DSCN3835.jpg

赤レンガから、ふらふらと・・・街を歩き観光地へ
DSCN3836.jpg
さつきやすずらん、
DSCN3840.jpg

和洋折衷というか、洋風民家
HAL00684.jpg

あやめが咲いてる
DSCN3841.jpg

ここを右へ曲がると・・
DSCN3837.jpg

日本最古のコンクリート電柱
DSCN3839.jpg

北海道第一歩の地碑を探して歩く歩く・・なかなか見つからない、
どこ?そんな時「新島襄(にいじまじょう)ブロンズ像」
HAL00704.jpg
函館 は新島襄が蜜出国した場所だそうです。


やっと見つけた、辿り着いた『北海道第一歩の地碑』DSCN3847.jpg
DSC00712.jpg

朝市や赤レンガからも行ける青函連絡船記念館摩周丸
HAL2.jpg

ふれあいイカ広場
DSC00623.jpg

帰りは、また市電に乗って湯の川温泉駅まで行き、徒歩13分位歩いて渚亭へ、
寒くて寒くて、足早で必死になって宿へ向かいました。
DSCN3848.jpg


函館駅は、翌日も行きましたので次回upします。

~北海道・函館旅行~その①

5月下旬、往復ANA飛行機フリープラン2泊3日で函館行ってきました。
サミットの影響で羽田空港までの電車が遅延、しかも函館は時々雨の予報。
初日の夜景ツアーは大丈夫なのかと心配しながら、無事到着しました。
DSCN3690a.jpg
函館空港、到着※どんより曇り空
DSCN3692a.jpg

ここ、函館空港からタクシーで約10分のプリンス渚亭へ。
梅雨のない北海道、風が気持ちいい。
DSCN3696a.jpg

ホテル到着後、早速、津軽海峡の砂浜へ出掛けました。
HAL00444.jpg
どこから流れ着いたのか、瓦礫や生活用品が目立った寂しく悲し気な海。

渚亭から砂浜まで、ほんの数分なのですが、その間に有名な『一文字ラーメン』本店があります!

ホテル斜向かいにあるセブンイレブンで特産物発見。
DSCN3703a.jpg
※函館旅行記の最後にお土産アップします。


セブンイレブンの左側、交差点には黒松がうっそうと生い茂る公園があります。
金森倉庫の創業者・初代渡辺熊四郎が私財を投じて1889(明治22)年から造林した、
北海道最初の防風砂防林です。
DSCN3701a.jpg

この公園を横目に10分程歩くと、市電『湯の川温泉』駅があり、
主要函館名所のほどんどは、この市電を利用して観光できます。


一日目は、ホテルの周辺散歩⇒5時半夕食バイキング⇒7時50分、夜景ツアーに参加。
バスに乗り込み、函館山展望台へ。


DSCN3710.jpg

使い方がイマイチだったカメラを夜景モードに設定し撮りました( ̄^ ̄)ゞ

DSCN3713a.jpg

函館山からの下山はロープウェイも利用しホテルまでバスで戻りました。
バス&ロープウェイコースツアーは宿泊ホテル到着後当日予約でOK(1700円税抜き)

夜はゆっくり広々とした大浴場&露天風呂へ浸かり日頃の疲れを癒しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・☆


2日目
少し曇り空でしたので、企画した周遊プランを若干変更、スタートは五稜郭
11時まで露天風呂に入るなど、ゆっくりしてからへ向かいました♪(/・ω・)/ ♪
DSCN3729a.jpg
湯の川温泉駅で一日券(600円)を購入
修道院までなら無料でシャトルバスにも乗れるんですよ ※トラピスチヌ修道院はバスかタクシー
DSCN3730a.jpg

湯の川温泉から市電に乗って7つ目、五稜郭公園前で下車。
HAL005081.jpg

奥に見えるのが元治元(1864)年に築造、日本初の西洋式城郭

DSCN3734a.jpg
DSCN3738a.jpg

少し晴れ間が見えてきました(´▽`*)

DSCN3739a.jpg

函館奉行所を防御する為の城郭として造られたものです。

DSCN3742a.jpg

斜め足元までガラス張りになっているため視界は良いですが、じっと下を見下ろしていたら
クラっと気持ちが悪くなって、、きっと三半規管が弱くなってるんだ💦

DSCN3744a.jpg

展望台にある土方歳三像の傍でピースv(o゚∀゚o)v

五稜郭が気に入ってしまい、2時間半くらいは滞在していました。
途中から素晴らしい晴天になり、気分も良好♪ 末広町へ向かいました。

DSCN3794a.jpg

うわ~っ、素敵な風景。CMで有名になった八幡坂 函館は景観形成作りが素晴らしい。
弥生坂、姿見坂、千歳坂・・・やっぱり八幡坂の眺めが一番よかったかな
DSCN3795a.jpg

花びらがハートでウインターコスモスみたいな花はもしかして芝桜?
坂道を散策しらなが見つけたアルメリアの花

DSCN3797a.jpg

海峡通りからベイエリアへ向かう途中
DSCN3799.jpg

赤い靴の女の子』を発見

HAL1.jpg
DSCN3802.jpg
なーんか、ホラーチックだなぁ。
赤レンガ倉庫にもこんな風な銅像がたくさんあるんです。


赤レンガ倉庫へ向かう途中ベイエリア本店『ラッキーピエロ』で休憩
入口バーガーの前で記念撮影
HAL00653.jpg


下品な外装が、妙に美味しさを感じさせるエキゾチックで不思議なお店
DSCN3736a.jpg
※外観は、五稜郭前支店の写真を添付してあります。

DSCN3803.jpg
クリックして拡大して下さい(^-^)/


ベイエリアにある本店ラッキーピエロの店内はこんな感じ。
DSCN3813.jpg
DSCN3816.jpg
数種のコロッケを3人でシェアして食べましたが、美味しかったデス


気ままに撮った写真を数回に分けてアップしていきます。
次回は赤レンガ倉庫からです。
HAL3.jpg






長野から富山/立山連峰と黒部ダム

5月のGWの週末、ツアーで行きました。
晴天のアルプスを観たかったのですが残念なことに悪天候でした。

怒っているかのような黒い雲。
それらに覆われた空。
DSCN3577b1.jpg

雲の隙間からたまに見せる青空や光、
そんな空の下にそびえる連山は90㎞に及ぶ山岳ルートです。


黒部ダムまでは、窓なしのトロッコに乗って。

トロッコのハルリン2a

風が冷たくて、寒かった、30分位乗車していたような・・

DSCN3533b1.jpg

トロッコ列車から見えた橋
詳しくはコチラ⇒『黒部峡谷の春』


黒部ダム、お出迎えは『くろにょん』
DSCN3535b1.jpg


小雨が降ったり止んだり、強風の中で見学。


これが黒部ダムなん・・・・・・・・・だσ(^^;)
DSCN3539b1.jpg

すり鉢状の、ここから、勢いよく水が噴射されて虹か見えるっていうシーンが・・・・・・・・、
DSCN3551b1.jpg
時期的な問題で見れなかったので、それは仕方ないのですが、
やはり晴天下で雄大なダムを見たかったなぁ(´・_・`)


黒部ダムの天然湧き水が頂けるとの事前情報をもらい、ペットボトル持参しました。
DSCN3534b1.jpg
三か所くらいあったと思います。
DSCN3543b1.jpg
こちらは、展望台のところにある湧き水。

気圧で、パンパンに膨れ上がった、ポテトチップスの袋を発見。
いまにもパーンと破裂しそう!
DSCN3536b3.jpg
これをみて、気圧の影響で体調不良になる私の体内は今どんな状態?考えたらゾッとしました。




そうそう、
立山の駅、ケーブルカーは外国人観光客で、満員状態。
DSCN3600b2.jpg
アジア系観光客の多さに圧倒されました。
日本人観光客だけだったら、ガラガラでしょうね、、


雪の除雪で出来た室堂の雪壁を見に、朝の情報では吹雪で閉鎖されてるとの事でした。
RSCN3597b1.jpg

ダムと同様メインの見学スポットなのに、見れなかったらどうしよう・・(;д;)

お昼前に室堂に到着。

視界が開けることを願いつつ『ティーラウンジりんどう』でランチ
DSCN3589b.jpg
ボローニャソーセージサンド(ドリンクセット1200円単品800円)美味しい
DSCN3588b.jpg
ケーキセット/アップルパイ(1100円)


室堂構内で立山蕎麦も食べました
DSCN3587b.jpg
スタンドラーメン食堂といった感じ、セルフのお水は湧き水です。
立山そば
お土産売り場にあるアルペン牛乳を一本(o゚∀゚o)
DSCN3602b.jpg


願いがかなって、13時頃、見学できるまでに天候が回復しました。
DSCN3595b.jpg

スノーボードを持ってスキーウエアを着ている人も見かけまるで、スキー場。

DSCN3592b1.jpg

立山・雪の大谷ウォーク

DSCN3593b1.jpg
う~ん、もうちょっと高い雪の壁に驚きたかったのですが・・・・・、見れたと言う事でしましょう。



ここは、黒部平(標高:1,828m)ケーブルカーからロープウェイに乗り継いで向かいます。
DSCN3571b1.jpg

向かうロープウェイから見えた黒部平・大観峰
DSC_0588b.jpg
画像に写っている丸い輪っかは雨の水滴。
立山ロープウェイより黒部湖のぞむa
大観峰の景色は、動画に収めてきました。






子供の頃から乗り物酔いしたことがなかったのに、今回の旅行では、
バス中で少し酔ってしまいました。
DSC_0578b.jpg

バスからの眺め。

DSC_0579b.jpg

長期の旅行じゃなくても、、もしもの天候に留意する


バスの中で食べたお弁当(歩荷(ほっか)弁当)
DSCN3611b.jpg

ホテルの朝食でもメインでお魚の甘露煮が出ましたっけ・・。

DSCN3530b.jpg
甘辛に煮たお肉。美味しかった。


お腹が空いていると酔いやすいので、朝食もきっちり取りました。


乗り物酔いの薬を用意するとか、
気圧の影響を受けやすいので耳栓持参するとか、
自分にとって必要なアイテムは忘れずに準備して出掛けます(´▽`)/


DSCN3532a1.jpg

宿泊ホテル・・☆

リゾートホテル フロントステージ
〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村栂池高原12840-146
TEL.0261-83-2309 TAX.0261-83-2661