FC2ブログ

Le beau printemps *~almeria~*lot of hobbies

*Lifework*いろいろハンドメイド、happy旅日記
2016年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年08月

香川県高松市の駅と商店街(小豆島旅行最終日)

高松港
DSC01179.jpg

瀬戸内国際芸術祭 171 Liminal Air -core-

DSC01176.jpg

高松駅

DSC_0739.jpg
DSC_0738.jpg


高松駅から中央通りを歩いて10分程、兵庫町商店街へ

DSC01180.jpg

商店街の中心ホールでは何かのイベント準備の最中。コーチやヴィトン、マックスマーラ等の店舗あり

兵庫町商店街1

芋ピー

芋ピー

お土産に単品購入してみました。美味しかったですよ、お土産にお勧めです。

DSC01181.jpg

楽しみにしていた小豆島旅行、本当に本当に楽しかった
忘れられない思い出がまた一つ、増えました



スポンサーサイト



瀬戸内海・播磨灘にある小豆島/画像旅行記④

DSC01135.jpg
※瀬戸内国際芸術祭 058 太陽の贈り物 (土庄港)

最終日
****Nのためにのロケ地へ****


榮倉奈々さん、賀来賢人さんご結婚おめでとうございます


最終日は、小豆島国際ホテルの送迎バス⇒

土庄港⇒タクシーで城山桜公園⇒※1)池田港⇒高松港⇒高松駅(市内観光)

⇒リムジンバスで高松空港

フライトはジェットスター高松18:15発で成田着⇒※2)リムジンバスで、
東京駅八重洲口到着

※1)小豆島航路 池田港発11:50⇒高松港12:50着
※2)リムジンバス片道は、ジェットスター機内で購入すると100円引き900円



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


10時に国際ホテルをチェックアウトした後、ロビーでNのためにの
ロケ地が載っているマップを見つけました。

ホテルの送迎バスで土庄港へ行き、ロータリーに止まっている
タクシーの運転手さんに『城山桜公園』まで、土庄港間の往復を
お願いしてロケ地へ向かいました。 ※往復のタクシー運賃は大体6000円強。

DSC01143.jpg

素晴らしい青空

DSC01154.jpg

見えた、桜花亭のベンチ、ここに行きたかったんだ。

DSC01146.jpg

座ってみました。

DSC01148.jpg

この高台の桜花亭からは池田港と成瀬君が飛び込んだ防波堤が見えます。

桜花亭から望む

池田港の防波堤 運転手さんが、連れてってくれました。

DSC01137.jpg

お祭りの時、成瀬君がここからダイビングしましたね。

DSC01139.jpg

ロケ地観光後、土庄港まで戻るつもりでしたが急きょ変更、池田港からフェリーで高松へ

DSC01141.jpg

土庄港から城山桜公園へ向かう途中、
杉下早苗(希美の母)がツケで高価な化粧品を買った店 トミナガ堂
も寄ってみました。

DSC01155.jpg

池田港

DSC01156.jpg

小豆島タクシー、お世話になりました(*'▽'*)v

DSC01157.jpg

高松港へ約60分の乗船

DSC01163.jpg

さよなら小豆島

DSC01170.jpg

フェリー内で買ったお弁当とお茶

DSC01171.jpg

瀬戸おむすび弁当/小豆島編 880円

DSC01172.jpg

香川県ならではの食材を使ったプチケーキのようなおむすびを食べてから甲板へ

DSC01167.jpg

行きのフェリーはオリーブ。帰りはキリンさん(*^-^*)

DSC01169.jpg

小豆島で感じたこと、ふんわりとやんわりとした雲の形が綺麗で見ていて和みました。

帰路高松a

フェリーから高松港と四国の玄関、高松が見えます。


小豆島ラーメンと讃岐うどん/土渕海峡

国際ホテルは島の中心部にあります。セブンイレブンもすぐ近くにあり、
ふら~っと飲食物を買い出しに行けます。

711と反対側、ホテルを出て左方向へ徒歩で3分くらいの所にラーメン屋さん発見

行ってみました、小豆島ラーメン・エンジェルロード店

小豆島ラーメン1

小豆島ラーメン2

小豆島ラーメン5

醤そばと、島めし
島めしには、小豆島産の佃煮とかつお節がのっています。美味しいお水で炊いたご飯です。
醤そばは、御味噌に見える??小豆島産の醤油がベースでそれ程こってりしてませんでした。

小豆島ラーメン4

島そば ラーメン、好きじゃないんですが、とっても美味しかった!また食べて見たい

小豆島ラーメン3

店内からopenthedoorテラスへ。エンジェルロードが見えるんですよ~夜7時過ぎ~


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


観光の時、通り過ぎた 世界一狭い海峡(ギネス) 『土淵海峡』

土淵海峡1
土淵海峡2a


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

到着日、高松駅前で入ったうどん屋さん『めりけん屋』

冷たいおうどんと、天ぷら

DSC00963.jpg

DSC00965.jpg


帰りの日、高松駅からショッピングアーケードへ向かう途中で入ったうどん屋さん

『がいな奴』

帰り高松うどん1

帰り高松うどん2

観光案内、お勧めのお店ではなかったのですが、とっても美味しいです。
どこで食べてもおうどんは間違いないと思います。



・・・・・・・・・次回は最終日、高松駅市内と城山桜公園・・・・・・・・・・・



瀬戸内海・播磨灘にある小豆島/画像旅行記③

~醤油工場と寒霞渓、そしてエンジェルロード~


小豆島での醤油造りは400年以上の歴史があります。

どこの飲食場にも、種類豊富なお醤油がテーブルに置かれている小豆島ですが、
原料である大豆や小麦アレルギーが増えているとこから、そら豆を使ったお醤油もありました。
そら豆醤油は、小豆島・髙橋商店さんが、製造しています。


マルキン醤油記念館
マルキン2

寒霞渓ロープウェイの時間が押していたので、醤油ソフトを食べる程度、立ち寄りました。

マルキン1

左がマルキンさん創業80周年を記念して建てられた記念館(博物館)
右側が、醤油製造工場階段を上がって、見学できるようになっていますが撮影は禁止です。

マルキン3

私がここで買ったロールカステラはお勧め、まろやかで美味しかった💛
”醤油ソフト”も食べました。ソフトクリーム専用のお醤油を使っているそうで
ほんのり香ばしいキャラメル風ソフトでした。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


日本三大渓谷美  絶景
標高295Mの紅雲亭駅から標高612Mの寒霞渓山頂駅まで行きました。

DSC01083.jpg


寒霞渓1

ロープウェイからの眺め 乗車時間は10分もない、5分程度です。

DSC01087.jpg

大岩壁、海と空の青、つややかな緑、

DSC01086.jpg

小豆島の絶景スポット、ここは紅葉の時期、大変賑わうようです。↑↑ 層雲壇、かな。

DSC01089.jpg

ここは、山頂。

DSC01094.jpg

秋の渓谷も素晴らしいでしょうね^^

DSC01095.jpg

α5000で撮った写真 向うの先の景色までしっかり映っています(o‘∀‘o)*:◦♪

寒霞渓山頂a

寒霞渓の紅葉はこんな感じで、再訪したいです。

寒霞渓紅葉



日本三大奇景(にほんさんだいきけい)

耶馬渓 (大分県中津市)
寒霞渓 (小豆島、香川県小豆郡小豆島町)
妙義山 (群馬県甘楽郡下仁田町/富岡市妙義町・安中市松井田町)


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

エンジェルロード、恋人たちの聖地  ~願いは叶う~

毎日、2回の干潮時に見えてくる砂の道

DSC01110.jpg

国際ホテルの部屋からの眺め ※道が狭まっている写真(17時)

エンジェルロード海

観光から2泊目の国際ホテルに着いたのが16時。丁度2回目の引き潮で、道ができていたのですぐ、
ホテル敷地内を通って、エンジェルロードへ。

エンジェルロード1

往復の帰りには、もう道が一部狭まっていました。

エンジェルロードから国際ホテル

小豆島・国際ホテル

2016小豆島

ここは『約束の丘展望台』 
恋人同士が愛を成就する『結婚しよう』を宣言する舞台✨

鐘の高台からの眺め

エンジェルロードの反対側の景色もこの通り素晴らしいです。
かなり強風でした。



*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

こちらは、小豆島国際ホテルです (撮影はXperiaZ4ultra/C6833)

国際ホテルから

部屋からの眺望。

国際ホテルの野外テラス

中庭にあるテラス

国際ホテル野外バーベキュー

夜、21時にホテルのスタッフさんが海蛍鑑賞へ連れていってくれました。

温泉ではありませんがとっても良いホテルでした^^


瀬戸内海・播磨灘にある小豆島/画像旅行記②

オリーブは香川県の県花・県木
栽培、今年で108年目

明治41年、最初の栽培地に選ばれたのは、香川県(小豆島)・三重県・鹿児島県の3県
一番最初にオリーブの木が根付いたところが小豆島でした。

DSC01051.jpg

ここでは、2000本のオリーブを栽培しています。

DSC01032.jpg

かわりづらいですが、これが『オリーブの原木』です。

DSC01048.jpg

5月下旬~6月上旬にかけて白い小さな花を咲かせます。
その後、7~8月と果実が肥大化し、加工用果実の収穫は9月末頃から。
そして油用果実の収穫は10月末から翌年の1月初にかけて行います。
油用は速く遠心分離機にかけて、オリーブオイルを採油します。
※小豆島オリーブ園ガイドより


DSC01052.jpg

オリーブ園の中にある『オランダ風車』 魔女の宅急便に出て来ますね☆

DSC01047.jpg

風車の前に立って海を眺める・・

DSC01041.jpg

この葉っぱは幸せのオリーブ。無料でしおりにしてくれますよ☆

ソフトスケッチ

お土産売り場でひと休み、オリーブソフトを食べました。色鉛筆スケッチ画像

DSC01053.jpg

あちらこちらに咲いている、このお花は『ジャスミン』です。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

24の瞳 映画村へ行く前に『岬の分教場』を通り過ぎました。

DSC01057.jpg

ここから映画村です。

DSC01069.jpg

向うに見えるのは、昔の映画館を再現した母屋です

DSC01074.jpg

映画館を出て左奥に綺麗な花木を見つけました、その向こうは海。

DSC01075.jpg

そぐ傍に、こんな石造が、、『先生、遊ぼう!』

DSC_0675.jpg
分校a
撮影用の分教場です。
DSC01068.jpg
日の丸の旗が掲げてありました。
DSC01065.jpg

廊下から窓の外はこんなにたくさんのひまわりの花が咲いていました。

DSC01066.jpg

教室の窓から、海が見えます。見えた海は、ココ

24の瞳映画村

・・・・・映画館の中・・・・・

DSC01078.jpg

・・・・・坪井栄記念館・・・・・

DSC01072.jpg

どんな貧しさ、どんな不幸、どんな苦しみを描いても激し狂うことがない、
声をはりあげて絶叫することがない・・・・


この言葉、インクが沁みいるように、私の心に伝わりました。
私は、坪井栄の『あしたの風』が好きでした。


・・・・・・・・・この後、

マルキン醤油記念館で醤油ソフトを食べに立ち寄り、寒霞渓ロープウェイです。




瀬戸内海・播磨灘にある小豆島/画像旅行記①

高松駅(高松空港からリムジンバス)

高松駅1

うどん県、どこで食べても美味しい。もう当分"うどん"はいいやぁ・・(ノω`*)ノ


高松港⇒土庄港 フェリーに乗ります/オリーブライン
フェリー1
フェリー2
甲板で『頑張るぞ~』と叫んでみる。
そして、やってみたかったタイタニックの両手を広げるポーズも・・(´∀`*;)ゞ

一時間後、土庄港到着、送迎バスで15分

素晴らしい瀬戸内海の夕日が眺めることができるオリビアンホテル。
到着してからの写真です。

オリビアン部屋1

山頂に小さく見えるのが観音様。高崎観音レベルの大きさ。島全体を守ってくれているようです。

オリビアン部屋2

お部屋から // 雲がかかって水平線へ沈む夕日は観れませんでしたが充分、満足です。

オリビアンプール

夕日が沈んだ後、プールサイド 涼しい風が吹いていました。


19:30過ぎ、ディナーバイキングへ

オリビアン夕食1

美味しかったのは、ステーキと付け合わせの鉄板焼き野菜と・・・かまたま。

釜揚げそうめん

釜玉素麺⇒麺をお湯で湯がいてる間に卵を割りほぐします⇒だし醤油を一回り半⇒
湯がいた麺をお椀へ投入⇒ねぎやのり、すりおろし生姜をトッピングして出来上がり。

こちらは高松駅のすぐ傍にあるうどん屋さんで食べた”ざるうどん”
めりけんや
しこしこして美味しい(o‘∀‘o)*:◦♪


この日は、
敷地面積16万m²を有するオリビアンを軽く散策して露天風呂へ
温泉湯はとってもぬるぬるしていて、お肌はすべずべ^^
体の芯まで温まり全身の血流が速やかに循環している感じがしました。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


2日目 半日観光です。オリビアンホテルの従業員さんが親切な案内をして下さいました。

小豆島大観音佛歯寺(しょうどしまだいかんのんぶっしじ)を見た後、
中山に向かう途中で見つけた『ハチの巣』
観光1ハチの巣

棚田の向うに見えるのが国際芸術作品「オリーブの夢」です。

棚田1オリーブの夢

中山の農村歌舞伎(入口)※起源は今から約300年前、重要有形民俗文化財に指定

棚田と歌舞伎入口

恒例の歌舞伎は10月。専門の指導者を招き練習。当日は14時から20時まで上演します。

農村歌舞伎1

舞台

農村歌舞伎2

観客席

歌舞伎観客席

歌舞伎の他、田園地帯では、
虫よけと豊作を 願って民俗行事の「虫送り」も行われます。

歌舞伎広場の右側から、少し上がると中山の千枚田です。

中山の棚田1

心を洗ってくれる美しい緑の稲穂

棚田2

小豆島で収穫されるお米は大変希少で、ネット販売のみとか、、聞きました。

中山の稲穂

近くに、ロケーションが最高の『こまめ食堂』があります。こだわりの食材で定食などを提供(11時open)

DSC01023.jpg

レトロな店内を抜けてテラスへ出て見ると、オリーブの夢が見えます。



・・・・・・・・・・・・・・・ オリーブ園へ向かいます ・・・・・・・・・・・・・・・




日本の地中海『2泊3日で小豆島』その①

今年は3年に一度、開催される
現代アートの 祭典「瀬戸内国際芸術祭」がおこなわれていました。



羽田から国内線で高松空港=>

高松空港からリムジンバスで高松駅(45分)=>

駅から徒歩5分の高松港(香川県高松市)=>

小豆島土庄港(とのしょうこう)までフェリーで一時間

小豆島、到着です。

オリビアンホテルから送迎バスで15分程でホテル到着。


 ~運賃~
※リムジンバス(高松空港~高松駅)760円
リムジンバス乗り場=>高松駅前クレストホテルが始発なのでここから乗車すると必ず座れます
※フェリー旅客運賃690円



~宿泊ホテル~

一泊目
夕陽百選瀬戸内海絶景リゾート、オリビアンホテル
綺麗で施設も充実した広大なホテルです。※土庄港下船して、車で約15分

2日目
恋人の聖地エンジェルロードのすぐ傍にある小豆島国際ホテル
一日、二回の引き潮時、エンジェルロードが見えます。

~観光~

2日目
オリビアンホテルから出ている観光ツアー(1000円)に申し込み、
中山千枚田・農村歌舞伎、24の瞳映画村、世界一狭い海峡、オリーブ園、
国立公園・寒霞渓のロープウェイ(片道750円)、マルキン醤油記念館

3日目
城山桜公園、池田の防波堤、池田港、高松市内(ショッピングアーケード)散策


行きは羽田よりJALで、
帰りはジェットスター、最終便18:15高松発で成田着で戻りました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆


小豆島へ行きたくなった
きっかけは『Nのために』
というドラマでした


私が一番行きたかったところは棚田百選 
中山の千枚田が見れれば満足と思っていたのですが、
成瀬君と希美が会っていた、あのベンチにも行けたらいいけど、
どこにあるかわからず・・、半ば諦めかけていた最終日。

行けました!

チェックアウトした後、ロビーで桜花亭の写真を見つけたのです。

『ココだ!高台のベンチ』

行くしかない!

土庄港からタクシーで約10~12分程の、『城山桜公園』

タクシーの運転手さんが、途中、ドラマのシーンで出て来たお店や

防波堤なども回って下さいまして、感動でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★


Sonyα5000/ミラーレス一眼でたっぷり写真を撮って来ました。

写真(夜景と夕日)Paint Shop Proで補正調整してません。

海蛍鑑賞
21時、海蛍鑑賞に行った時、海の向こうにほんのりと灯が見え、綺麗でした。


α5000で撮影。オリビアンホテルからの瀬戸内海の夕日。
オリビアンから夕日
これが、見たかった・・感動的。


24の瞳の映画村、校舎の前に広がる海は青い、青い。
映画村a


池田港を11時50分に出発し高松港へ向かうフェリーから見た青い空と流れる雲
帰りのフェリーから
飛行機雲みたいに見えますね


観光で最初にまわった、棚田百選・中山千枚田
中山棚田1
晴天に恵まれて緑がより鮮やかに。心が落ち着き安らぎますね。