FC2ブログ

Le beau printemps *~almeria~*lot of hobbies

*Lifework*いろいろハンドメイド、happy旅日記
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP映画観賞 ≫ 映画『君と歩く世界』レビュー/感じるままに

映画『君と歩く世界』レビュー/感じるままに

努力や献身、懸命でひたむきを前面に出したお涙頂戴映画ではありません

制作国 フランス・ベルギー/言語 フランス語
ジャンル ヒューマンドラマ/上映時間 122分
キャスト マリオン・コティヤール(ステファニー役)
マティアス・スーナールツ(アリ役)

君と歩く世界

シャチの調教師をしているステファニーとシングルファーザーの
アリ(ストリートファイター/不定職)が出会い、最終的には恋に落ちる
過程を描いたストーリーです。


シャチショーの最中事故で両足(膝から下)を失った『絶望のステファニー』の、・・・
新たな人生を切り開く心身の支えとなっていった(なっている)アリという若者が
本能的、動物的な究極のエロスを感じさせる男性で、唖然としました。

matthias-.jpg


恋愛の感情表現も、愛を育んでいる様子もなく、気持ちの推移も曖昧に進む中、
淡々とステファニーが求めるものをさらりと与えてくれるアリが
愛する人への安らぎと希望の与え方』を教えてくれているかのようでした。


理屈や理性、倫理など、固定概念を取り払い頭の中を空っぽにして、
感覚的に何かを掴めている。と実感している時は、心地よい音楽を
聞いているかのようにすーっと穏やかになり素直で純粋になれますよね


何故、どうしてという理由を無理やり言葉で表現しようとせず
『いいな、こんな風に築く愛の形も』と映画を観た後に漠然と感じられたら
最高と言える映画なのではと、私は思いました。





rainfi1.gif


わりと古い映画でストーリーが記憶にないのですが、確かこの映画に出てくる
青年(オリヴィエ・マルチネス)が、アリのようなわけのわからないクレイジーな
魅力を放していたと記憶しています。
この映画も一見掴みおどころがなく感想が言葉で表現し難い感性で観る映画です。

IP5~愛を探す旅人たち~ [DVD]IP5~愛を探す旅人たち~ [DVD]
(2000/11/22)
イヴ・モンタン、オリヴィエ・マルティネス 他

商品詳細を見る


olivier-martinez.jpg
上半身裸にコート姿オリヴィエと言えばこれ
         
     『運命の女』ハリウッドデビュー作


特典映像付きDVDをしっかり購入しまして


何度も観てしまった映画です。


オリヴィエもフランス人(当時38歳)


28歳の古本バイヤー、ダイアンレインの不倫相手役。

リチャード・ギアより、口元がセクシーかも、です。
表現が上手なのか、天然素材なのか・・・。


haruの花1


全くのジャンル違いですが、感性で観るしかない難解映画です。
謎解きがお好きな方にお勧めです。(切ない恋物語でもあります)
デヴィット・リンチ監督の作品なのですが、当時アメドラにする予定がテレビ局で
却下されてしまいフランス?の配給会社に出資してもらいやっと作れた映画
だったとの事で、日本では公開されずDVDのみ上陸した作品です。
あらすじとテーマが明快なわりにツインピークスの様に意味不明で奇妙奇怪
理解し難い場面がたくさん出てきます。

マルホランド・ドライブ [DVD]マルホランド・ドライブ [DVD]
(2012/10/02)
ナオミ・ワッツ、ローラー・エレナ・ハリング 他

商品詳細を見る


※あの美しくチャーミングなナオミ・ワッツのLOSTに浸る泣き顔が
凄まじく醜くショックを受けないよう心の準備をして見る事をお勧めします。


haruの花1





スポンサーサイト



Comment

“理屈や言葉では語れないもの…”
編集
harulinさん

こんにちは。
初めまして ぴよリンです。

両足のないステファニーを海に連れて行き、健常者と同じように接する飾らないストレートなアリ、表面だけの優しさをとりつくろう事は簡単ですが、これこそが真の優しさなのでは!?

愛の力とは本当に強く凄いパワーを持っていて、両足のないステファニーがアリの為にタトゥーを入れ、義足で怖い男達を相手に闇のファイティングをしきる。とても想像も出来ませんでした。人を愛する力、想いがそうさせたのですね。

また、アリの息子が事故で助かった時に、あれだけ強いアリが始めて、ステファニーに泣きながら『愛してる』と電話で言いますが、辛く弱くなった時こそ、やっぱり愛する人が必要で、知らず知らずのうちに一番愛する人の声を聞きたくなるものです。目には見えない愛の力が、『愛してる』という言葉を言わせたのだと訴えかけてきました。

“理屈や言葉では語れないもの”
それが愛なのではないでしょうか!?
出逢いや始まりはどうであれ、形はどうであっても、人を愛したり好きになる事、愛の形に正解はないですものね。

理屈や理性、倫理など固定概念を取り払い…
心地よい音楽を聞いているかのようにすーっと穏やかになり素直で純粋になれます。
何て素敵な表現なんでしょう。

そんな気持ちになれたら幸せです。
きっと、その人にしか、理屈や言葉ではわからない世界なんでしょうね。

私も、空気のように自然に『愛する人へ安らぎと希望を与えられる』人間になれたらいいなと思います。

魚のテンプレートとても可愛いですね(笑)(^o^)









ステファニー




2013年04月15日(Mon) 13:34
Re: “理屈や言葉では語れないもの…”
編集
ぴよリンさん、こんにちは。

ステファニーがタトゥーを入れ、義足を堂々と見せる。

ここが、ステファニーの心情含めこの映画の大きなターニングポイントでしたね。
この時点で、この二人の間に愛が芽生えていく事はないなと私は思ったのですが。

ステファニーは強くて逞しく、美しい女性でしたね。
アリは本能のままに行動する男と言った感じで優しさにも力強さを感じました。
なんとも言えない良い映画で久しぶりに感動しました。
2013年04月15日(Mon) 19:10
マルホランドドライブ 挫折組ですww
編集
マルホランドドライブは、何度見ても全く分からず挫折しました。
諦めてネットで、詳しく解説(個人の見解ですが)しているWebページを見つけて熟読
というちょっと「ズル」しました。

その後DVDを読み直して、どうにかこうにか流れはわかりましたが、
まだ細かいところが???です。
この作品を見て一度で理解しちゃう方はすごいです。
2013年04月17日(Wed) 02:05
Re: マルホランドドライブ 挫折組ですww
編集
はじぺん様

こんにちは。

> この作品を見て一度で理解しちゃう方はすごいです。

私は、そんな人いるのかなあ~って思います。
私も何度も意地になってDVDを観ましたが、
感性と五感で『ふ~ん・・・』と観れたらいいのではないかなと
細部はスルーしちゃいました。

監督もちょっと変わってますしね・・

ストーリーの中にヒントがたくさん織り込んでありますが、
でも、それに何の意味がv-361なんて思ったり。

あと、頭が疲れて、もういいやとDVDで見直す事もなく
流してしまった映画『バタフライ・エフェクト 』
はじぺん様は鑑賞しましたか??

何度も過去に戻ってやり直しができたらいけど、
何度戻ってもあまり良い結果にならないじゃないの・・
と言う感想を持ったような気がしますが、細部が良くわかりませんでした。

2013年04月18日(Thu) 15:35












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL