FC2ブログ

Le beau printemps *~almeria~*lot of hobbies

*Lifework*いろいろハンドメイド、happy旅日記
2019年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020年01月
TOP★美容とフィットネス ≫ 同じサイズでもこんにな違う☆シューズ

同じサイズでもこんにな違う☆シューズ

先日、軽井沢のアディダスで全品半額のタイムセールを開催しており、
外出用として黒のリアルレザー・シューズを購入しました。

アディダス1 - コピー
履き口や踵が狭く土踏まず部分も細くフィットするのですが、つま先が少々幅広で
指先部分に長さの余りが出ました。
でもワンサイズ下の23㎝ですと、あまりにピッタリ過ぎて窮屈感があり不安でした
ので紐で締めれば中で足が動くことはないはずと23.5㎝購入してみました。


こちらは2週間前に購入しフィットネス用として愛用中のフィラのシューズです。
フィラ1

どちらもサイズは同じ。23.5㎝なのですが・・

hikaku.jpg

こんなに長さが違います。
横から長さを測定したところ約1㎝、アディダスの方が長かったです。


ちなみに、フィットネス用で以前購入したミズノのシューズ(23.5㎝)はアディダスと
長さは同じでしたが、幅が広く全体的に大きい。
そして雨や雪の日用に購入したダンロップのシューズ(23.5㎝)を測定したところ
フィラと長さは同じですが、両方共3Eなのにダンロップの方がかなり幅が広く大きいです。
dm.jpg左側がミズノ、右側がダンロップ

同じサイズでもメーカーによって大きさが全く違うので、サイズは多少の目安に
なる程度で、あってないようなものですね。



先日購入したばかりのちょっと長めのアディダスのシューズは、室外用として使用する前に
今週ジムで使用し、土踏まずが浮いて攣ってしまうか、指先の余裕により
足が動き擦れて指先の腹部分にマメができてしまいそうか、試してみたいと思います。


私は『大は小を兼ねる。少しゆとりがあった方がらくなはず』と、シューズを購入してしまう
癖があり、ミズノとダンロップは走ったりステップを踏んだりすると足が動いてしまい
足の指にマメができます。
※どちらも中敷きと厚手のソックスを組み合わせれば通常歩行には支障はありませんが、
 ランニングや頻繁にストップをかける様な運動には適しません。


実際、運動して試してみるとか、長時間歩いてみるとかしないと本当に合うかどうか
分からないのでシューズ選びは難しいです。


この中で一番私の足にフィットしていて運動しやすいのは『フィラ』です。
ダンロップはトレッキングシューズで元々悪天候歩行用ですので良いとします。
ミズノは、運動中何度も土踏まずを攣ったので怖くてもう履けません(;'∀')

スポンサーサイト



Comment

編集
こんにちは ハイヒールです。

大きさの違いに本当びっくりです(*_*)
これは凄いです。
並べると良くわかりますね。

メーカーが違えばもちろんですが、同じメーカーによっても、ものによってだいぶ違いますから、やっぱり、靴は自分で履いて確かめないといけませんね。

大変参考になりました。

第2の心臓と呼ばれる足ですから、自分にきちんとあったサイズ選びは重要だと改めて考えさせられました。

どうしてもデザインなどの見た目を気にしてしまいますが、、サイズがきちんと自分にあってる事の方が大切ですもんね。
その足元から真の美しさや輝きが出てくると思います。

これは靴に限らず洋服なども同じですよね(^_^ね)。

本当にお洒落な人は、サイズはもちろん、その人に似合っているものをさりげなく着こなしています。









2013年09月25日(Wed) 13:04
Re: タイトルなし
編集
ハイヒールさん。こんばんは。

コメントありがとうございます。

>靴は自分で履いて確かめないといけませんね。

そうですね。
たとえメーカーが同じでも安心してはいけないですよね(´・ω・`;)
用途は勿論、素材の使い方やデザインによってもフィットしない場合があります。

> 第2の心臓と呼ばれる足

合わない靴を履いていると指が変形したりマメができたり。
身体にも負担がかかりますから大事にしないといけませんね。

スニーカーに限らずハイヒールなどもそうですが、自分の足に合った物を
探すのは大変なので、ウインドショッピングの時は必ず、
合う靴あるかな、あったら買おう!
なんて、しょっちゅう試し履きしています(笑)

楽ならなんでもいいや。ではなく、
足元まで綺麗にみせるトータルコーディネート。大切ですネ。

また、ブログへ遊びに来てください。

2013年09月25日(Wed) 20:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL