FC2ブログ

Le beau printemps *~almeria~*lot of hobbies

*Lifework*いろいろハンドメイド、happy旅日記
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 母に逝かれて、父。TOP★雑記・日常・介護 ≫ 母に逝かれて、父。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

母に逝かれて、父。

鬼電話は寂しさから。

父曰く・・・・↓↓


ママが逝ってしまったから、俺(父)は死んだも同然。

しかし、神様に申し訳けないから自ら命は絶てない。

だから、生きる。

人に迷惑を掛けないで生きたいなあー。



そんな事を、立派に言いつつも、鬼電する父。

日中は平気なのですが夜が、寂しくて、不安で、怖いのですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、84の父は元気。要支援1。

『1人でちゃんと暮らせます』と、ケアマネさんから回答。

寂しいのは仕方がない、慣れる為には、たまには一人で夜を

過ごす事も必要なのです。

父は年寄り、ですが大人。
生きると決めたからには、自立しなければなりません。


私は、四十九日が終わって自宅に引き上げたものの、

週2回、夜実家へ様子見で寄り、週一回、泊まります。

私が、いかない日、誰も来ない日が、たまらなく辛いようで・・

そんな夜、介護人であり、近所に住んでいる兄夫婦達に何度も、

電話をするみたいです。

出ないと、その電話が私に流れて来るわけですが・・

父の所に、ちょこっと夜、行ってやるのは簡単なのですが、

介護人である長男夫婦の立場をたてつつ、介護協力する。

私は、そんな立場でいようと思っているので、・・

父が可哀想と思うけれど、1人に慣れさせるという方針で行くとの

事ですので、私はそれに頷くしかありません。


とにかく、年老いた親の面倒を1人で看るのも、皆で協力しながら看るのも

どちらも、いろんな面で大変です。









スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。