FC2ブログ

Le beau printemps *~almeria~*lot of hobbies

*Lifework*いろいろハンドメイド、happy旅日記
2018年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 瀬戸内海・播磨灘にある小豆島/画像旅行記①TOP旅行 ≫ 瀬戸内海・播磨灘にある小豆島/画像旅行記①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

瀬戸内海・播磨灘にある小豆島/画像旅行記①

高松駅(高松空港からリムジンバス)

高松駅1

うどん県、どこで食べても美味しい。もう当分"うどん"はいいやぁ・・(ノω`*)ノ


高松港⇒土庄港 フェリーに乗ります/オリーブライン
フェリー1
フェリー2
甲板で『頑張るぞ~』と叫んでみる。
そして、やってみたかったタイタニックの両手を広げるポーズも・・(´∀`*;)ゞ

一時間後、土庄港到着、送迎バスで15分

素晴らしい瀬戸内海の夕日が眺めることができるオリビアンホテル。
到着してからの写真です。

オリビアン部屋1

山頂に小さく見えるのが観音様。高崎観音レベルの大きさ。島全体を守ってくれているようです。

オリビアン部屋2

お部屋から // 雲がかかって水平線へ沈む夕日は観れませんでしたが充分、満足です。

オリビアンプール

夕日が沈んだ後、プールサイド 涼しい風が吹いていました。


19:30過ぎ、ディナーバイキングへ

オリビアン夕食1

美味しかったのは、ステーキと付け合わせの鉄板焼き野菜と・・・かまたま。

釜揚げそうめん

釜玉素麺⇒麺をお湯で湯がいてる間に卵を割りほぐします⇒だし醤油を一回り半⇒
湯がいた麺をお椀へ投入⇒ねぎやのり、すりおろし生姜をトッピングして出来上がり。

こちらは高松駅のすぐ傍にあるうどん屋さんで食べた”ざるうどん”
めりけんや
しこしこして美味しい(o‘∀‘o)*:◦♪


この日は、
敷地面積16万m²を有するオリビアンを軽く散策して露天風呂へ
温泉湯はとってもぬるぬるしていて、お肌はすべずべ^^
体の芯まで温まり全身の血流が速やかに循環している感じがしました。


*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


2日目 半日観光です。オリビアンホテルの従業員さんが親切な案内をして下さいました。

小豆島大観音佛歯寺(しょうどしまだいかんのんぶっしじ)を見た後、
中山に向かう途中で見つけた『ハチの巣』
観光1ハチの巣

棚田の向うに見えるのが国際芸術作品「オリーブの夢」です。

棚田1オリーブの夢

中山の農村歌舞伎(入口)※起源は今から約300年前、重要有形民俗文化財に指定

棚田と歌舞伎入口

恒例の歌舞伎は10月。専門の指導者を招き練習。当日は14時から20時まで上演します。

農村歌舞伎1

舞台

農村歌舞伎2

観客席

歌舞伎観客席

歌舞伎の他、田園地帯では、
虫よけと豊作を 願って民俗行事の「虫送り」も行われます。

歌舞伎広場の右側から、少し上がると中山の千枚田です。

中山の棚田1

心を洗ってくれる美しい緑の稲穂

棚田2

小豆島で収穫されるお米は大変希少で、ネット販売のみとか、、聞きました。

中山の稲穂

近くに、ロケーションが最高の『こまめ食堂』があります。こだわりの食材で定食などを提供(11時open)

DSC01023.jpg

レトロな店内を抜けてテラスへ出て見ると、オリーブの夢が見えます。



・・・・・・・・・・・・・・・ オリーブ園へ向かいます ・・・・・・・・・・・・・・・




スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。